片思いの恋愛を成功させたいのなら

会う頻度を増やす(ザイオン効果)

スポンサーリンク

「ザイオン効果」という言葉をご存知でしょうか?

 

心理学用語で、人は、普段何度も見たり、聞いたりしているものに愛着を感じやすくなるという効果のことです。

 

ですから、学校のクラスメイトや会社の同僚を好きになるというのは、当然のことであって、誰にでも起こることです。


そしてもし相手を自分のほうに振り向かせたいというのであったら、このザイオン効果を使う事です。

 

会う頻度を増やすことで、相手に好感度を持たせることが出来るのなら簡単です。

 

元々悪くは思っていない人で、毎日接することが日課のようになっていれば、親しみはある筈です。

スポンサーリンク

そして日常的にコミュニケーションを取れば、意志の疏通は簡単になり、そしてより打ち解けていって冗談なども交わすようになります。

 

そうした良いサイクルが続くようであったら、お互いに好きになることも起こりえます。

 

もしあなたがどうしても振り向かせたい人がいる場合は、その人と沢山会う事にしてザイオン効果を狙う事も大事です。


余程嫌われているとか、最初の第一印象で失敗したという場合は、ちょっと取り返すのが難しい場合もありますが、どうしても諦められない場合には、あらゆる心理効果を使って相手に手堅くアプローチしてみましょう。

 

何度も会う事で、どんどん誤解が解けたり、もしくは最初の悪いイメージなどを払拭出来る場合もありますので、しつこくならない程度に頑張ってみましょう。

 

もしどうしても相手にアピールできないようだったら、潔く諦める事も必要かもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

会う頻度を増やす(ザイオン効果)関連ページ

本気ではない告白をしてみる
ネガティブにならないようにする
相手に「もしかしてこの人…」と思わせる
思い切って食事に誘う
誘いを断られてもタイミングを見て再度チャレンジ
さりげなく駆け引きをする
わざと何度も目を合わせる
相手の視線を常に意識して行動
遠距離の相手を落とす方法
脈あり・脈なしのサインを見極める
隙をみせる
やり過ぎないボディータッチ
同性に好まれる行動をとる
どんな人が好みなのか探る
相手の友達や周りの人にも好印象を与える
押してダメなら引いてみろ!
片思いの障害を取り除く
自分に対しての警戒心を解く
相手が自分を意識するような行動をとってみる
相手に対するちょっとした気遣い
第一印象が今後を左右する
ボディータッチとパーソナルスペース
片思いの異性の気を引く方法
第一印象を好印象にするためには
女性も男性もサプライズには弱いものです。
男性も女性も笑顔には勝てない
微笑みが自信につながるキーポイント
片思いの気持ちは相手に届くものなの??
好きな人に好感を持たせるメール
しぐさや態度だけでも雰囲気が良くなる
メールで口説く場合は必ず名前をいれよう
相手を口説くにはムードづくりも必要