片思いの恋愛を成功させたいのなら

小さな告白を積み重ねることを意識する

スポンサーリンク

最終的に好きな人と付き合うためには、「告白」というイベントをクリアしなければなりません。
しかし、この告白というものはそうやすやすとできるものではありません。
なぜなら、緊張や不安などのさまざまな阻害要因があるからです。

 

しかし、好きな人に自分の好意を津たるためには、
「告白」だけが好意を伝える手段じゃない
でも書きましたが、人気のないところに呼び出して、
「好きだから、付き合って!」
「あなたの返事はどうなの?」
とせまることだけが、告白ではないのです。


ここでは、その別の方法をお伝えしましょう。
最終的に付き合っているのと同じ状況に好きな人となるために大切なのは、付き合っているのも同然という状況と、手段は何であれ好意が伝わっているということです。

 

そのためには、好意を少しずつ、伝え、少しずつ仲良くなっていき、周りから見たら、付き合ってると思ってたと思われるような状態になればよいのです。

スポンサーリンク

好意を少しずつ伝えるためには、相手を褒めたり、笑顔であいさつをしたり、尊敬していることを伝えたり、悩み事を伝えたり、困りごとを助けてあげたりと、様々なことが考えられます。

 

好きな人、好意を持っている人、尊敬している人に対してでないと言わないような言葉やしないような行動をして、意識的に、少しずつ自分の相手への好意を相手に対して伝えていくのです。


このようにして、互いの関係を築き上げていけば、もはや告白は
「自分たちは両思いだよね」
「自分たちはつきあってるんだよね」
という確認の作業にすぎなくなるのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加