片思いの恋愛を成功させたいのなら

アイコンタクトでさりげなくアピール

スポンサーリンク

相手に自分を意識させるポイントとして「アイコンタクト」は非常に重要なものです。

 

もしまったく共通点が無い人でも、いつも自分を見ている人がいるとなったら、その人を意識せざるをえないのではないでしょうか。

 

そして、もし悪く思っていなかったら、だんだん相手の事を自分からも見るようになっていくかもしれません。


もしそのアイコンタクトが上手くいかない、相手に怪訝な目をされてしまう場合は、ちょっと望みが薄いかもしれませんが、いつも見ていることで、相手に自分の存在を認めてもらう事が出来るのは確かです。

 

まったく見ず知らずの相手だったりすると少し怖いですが、男性でも女性でも自分に興味を持ってくれる、好意があるような素振りは嬉しいのではないでしょうか。

 

よほどモテて仕方がないような人なら、慣れているのでそう印象に残ることもないでしょう。

スポンサーリンク

しかし、ごくごく普通の人ならアイコンタクトというのは非常に重要です。

 

それがきっかけとなって相手も意識するようになったり、話しかけたり、または食事やデートするような仲に発展することもあるでしょう。

 

さりげなくすることがポイントで、常に監視しているような感じですと、女性にアイコンタクトを送る場合は気味悪がられることもありますからほどほどにしておきましょう。


ちょっとテレてみたり、爽やかさを忘れずにアイコンタクトを送ってみましょう。

 

目が合いそうになったら逸らすというのもなかなか高等なテクニックです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加