片思いの恋愛を成功させたいのなら

好き好きアピールのやり過ぎは逆効果

スポンサーリンク

男性でも女性でも、周囲のことを気にしないで、好き好きアピールをしてしまう人がいます。

 

そうした人は、悪気はないのでしょう。

 

しかし、相手がそういった人のあしらいが上手ならいいですが、まったく慣れていないと、困惑させることになってしまいます。


またそうしたおおっぴらなタイプではないにしても、何度断っても諦めない、しつこいというのはマイナス要因となります。

 

お互いの好きが同じくらい、ときにはどちらかがよりどちらかを好きという状態が交互に表れるというのが一番良いのですが、お付き合いしていても片方がいつも追いかける展開というのは良くないのです。

 

気持ちが一方通行であって、バランスが偏っているのは、将来的にも先が見えないようにも思えます。

スポンサーリンク

最初はどちらかがより好きでも、お付き合いを続けるうちに力バランスがイーブンになってくるのが理想なのですが。

 

皆の前で好き好きアピールしていても、実際には手綱をしっかり握っているような人もいますし、2人きりになると、普段使わないような言葉をかけてくれる人もいます。


人それぞれの性格ですし、実際つきあっている2人しか分からない事は多いですが、それでも好きな気持ち、愛情がこちらだけで、相手はまったくその気がないようなら、関係性を改めてみてはいかがでしょうか。

 

また、女性は、男性に追いかけられたほうが幸せとも言うので、女性が一生懸命追いかける展開ばかりも問題がありそうです。

 

少し考える時間を持ちましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加