片思いの恋愛を成功させたいのなら

好きな相手に必要とされるポジションになろう

スポンサーリンク

好きな人を落とすためには、相手に必要とされる人にならなければなりません。
なぜなら、最終的に恋愛の究極というのは、人生のパートーナーを選ぶことに他ならないからです。

 

そのため、恋愛では、自分が生存していくために必要となる相手を選ぶようになっているのです。
人間誰しも、完璧な人というのはいません。


広い世界ですから、それはもう完璧に近いような人間というのもいるとは思います。
しかし、物事を見る尺度によって、完璧なんてものは、崩れてしまいます。
勉強がものすごく得意という一見すると完璧な人がいたとしても、その人の勉強が得意という尺度も、見る方向を変えれば、欠点になることだってあるのです。

スポンサーリンク

なぜなら、勉強完璧にできるということは、勉強ができない人の気持ちがわからないという欠点もあるといえるからです。

 

ですから、人間はそもそも一人で生きていこうと思ってはいけないのです。
自分は完璧だから、一人で生きていけるという人がいたら、それはきっとおごりに過ぎません。
人に頼ることは美しいことだと考えてください。


相手にとって、頼られる存在になればよいのです。
何か困ったときに、
「あの人ならどう考えるかな。」
「あの人ならきっと助けてくれるに違いない。」
「心細いけど、あの人と一緒なら大丈夫。」
などと、好きな人に何かと頼りにしてもらえるような、つまり必要と求められるような存在になればよいのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加