片思いの相手に嫌われないためには…

スポンサーリンク

あなたは好きな相手に自分の存在をわかってもらおうと必死になって気を引こうとしていませんか?
それでは、相手に嫌われてしまいますよ。


好きな相手の側にいつもいたいという気持ちはわかりますが、必死になればなるほど煙たがられる存在になってしまう可能性があるからです。
例えば、好きな相手に自分のことをわかってもらおうと思って、自分のことばかり話しをして、全く相手の話を聞こうとしないで喋り捲っていたり、反対に相手のことを知るためにいろいろ質問攻めしてしまって、ずっと話をしているなんていうことしていませんか?
確かに、自分のことをわかってもらう必要はありますし、相手のことを知ることも大事です。
でも、あなたが喋り捲っていたら相手は、あなたの話を聞いているだけで全く楽しくありません。

スポンサーリンク

時には沈黙と言うのが必要な場合もあるのです。
沈黙と言うのは、相手が何を考えているのかわからない分、不安になってしまいがちですが、この沈黙に耐える忍耐力も身につけましょう。


相手の表情を見ながら話す内容を考えたり、相手が話しやすいような質問に持って行くようにする時間が、この沈黙の時間だと思えばいいのです。
自分をアピールしすぎると相手にうっとうしい人だと思われてしまいます。
控えめで、尚且つ、時に自分を出すといったメリハリをつけて相手に接するようにしましょう。
そうすれば、きっとあなたのことを知りたいと相手が思うようになるはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加