聞き上手な人ほど得するものはありません。

スポンサーリンク

好きな人と話がしたいけど口下手と言う人もいるのではないでしょうか?
そういう人は話す方に神経を尖らすのではなく、聞き役に徹するようにしましょう。
自分から話をするのは、相手から質問されたり、同意を求められた場合だけ、あとは、聞き役になるのです。
この役目ほど効果的なアプローチはありません。


ほとんどの人は好きな人に自分のことをわかってもらおうと必死になって話したがるものです。
でも、そういう人は、相手の話に耳を傾けるといった行動をしません。
一方的に話をしてしまいます。

スポンサーリンク

あなただけは、好きな人が話をしている時は黙ってあいづちを打って、話をきちんと聞いているという意思表示をしてあげましょう。
それと相手が話したことを繰り返すように話してみましょう。
そうすると相手が男性の場合、あいづちを打たれると本当に話を真剣に聞いてくれているんだと言う意識になってきますので、話が盛り上がってくるのです。
話が盛り上がると相手は楽しい時間を一緒に過ごせたと言う安堵感を味わうことが出来るのです。


聞き役になるということは一見簡単そうですが、そうではありませんよね?
無口な人ほど聞き役に回るとツキが回ってくるということです。
無口であることを恥ずかしがらず、相手の話を真剣に聞くと言う役に徹してみませんか?
そうすると会話が弾み、あなたといると自然に話が出来る相手、もっと話をしたいと思える相手に思ってもらえるようになるはずです。
聞き役もこういう時には大事なのです。
きっとこれから2人きりで会う機会がどんどん増えてきますよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加