記憶術で相手に好意を気付かせよう

スポンサーリンク

女性は好きになった相手が言った言葉や行った行動などをいつまでも記憶として頭の奥に残していますよね?
その記憶をうまく利用して片思いの男性にあなたの気持ちを伝えてみませんか?
もったいないと思いませんか?
その頭の奥にしまいこむ前に相手に向かって口に出して言ってみましょう。


なぜなら、相手の言った言葉や行った行動を覚えていると言うことは、それだけ相手のことが好きだと言う証拠なのです。
例えば「何ヶ月前●に行ったって言っていましたよね?今度行くんですけど何かおすすめのものありますか?」等と相手が以前言っていたことをあなたが口に出して言うだけで、相手にとっては「何気ない気持ちで言ったつもりなのにこの女性は覚えていたんだ」と驚かせると同時に喜ばせることが出来ます。
また、あなたの好意を伝えることも出来るのです。

スポンサーリンク

そして、以前片思いの相手が行ったという場所に今度はあなた自身が行くということになるとそれだけでも話が盛り上がるのは、間違いありません。
そういう過去に言った言葉を実際にあなたが実行に移す、覚えていると言うだけでも相手は嬉しいはずです。


そういうことを何度か口に出して言っていると鈍感な男性でもあなたの気持ちに気付かない人はいません。
だんだんあなたを意識してみてくれるようになり、自然と付き合ってくださいと言われるほどの仲に進展して行くでしょう。
片思いの男性の言ったことを記憶として残すより、相手に向かって口に出してこれからは言うようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加