片思いの恋愛を成功させたいのなら

「告白」だけが好意を伝える手段じゃない

スポンサーリンク

好きな人ができたとき、多くの人は、最終的には「告白」という手段に出るのではないでしょうか?
この告白という言葉は、内容は、それまで周囲や相手に明かしていなかったことなら、何でもいいのが本来の意味です。
しかし、こと、恋愛に関する事柄でいうところの「告白」は、「愛の告白」に他なりません。

 

「自分はあなたのことが好きです。あなたはどうですか?よかったら付き合ってください。」
というやつですね。


しかし、この告白という行為はなかなか誰もが簡単にできるものではありません。
好きな人に自分の秘めた気持ちを伝えるということはとても、緊張することだからです。
また、告白では、最終的に「あなたは自分のことをスキかどうか?」「自分と付き合ってくれるかどうか?」という二択を相手に対してせまることになりますので、その結果、ノーという答えが突きつけられるというリスクを伴うのです。

スポンサーリンク

このようにノーを突きつけられることを世間的には、告白の失敗というと思いますが、失敗を恐れるあまりになかなか告白という行動に至れないのです。

 

しかし、相手と付き合うためには、いつかの時点で告白するということは避けては通れないのです。
自分の気持ちを伝えなければ、相手の気持ちも動かないからです。


告白は避けては通れませんが、一世一代の大勝負とばかりに意気込む必要も必ずしもありません。
人気のないところに呼び出して、「好きです!つきあって!」と迫ることばかりが告白ではありません。
小さな告白を積み重ねることを意識する
では、その方法をお伝えしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加