言葉のキャッチボールをうまくするポイント

スポンサーリンク

男性と2人きりで話をしていて、女性が1番嫌う男性の行動って何か知っていますか?
それは一方通行の会話なんです。
あなただけが主役で女性が脇役、脇役に話を持って行かすことは絶対にしないという行動を女性は1番嫌います。
また、話を自体しないで黙って聞いていると言うのもダメな行動です。


ここで言う言葉のキャッチボールと言うのは、相手に対して答えることが簡単な質問をしたり、相手から質問を投げ返してもらってそれを投げ返す、これを繰り返すことで、相手との距離がだんだんと縮まって、相手の情報を深く知ることが出来るのです。

スポンサーリンク

ここで気をつけなければいけないことは、相手に質問を投げかける時、質問自体あまり好ましいものでなかったり、自分のうんちくを持ち出したり、嫌味に聞こえるような質問を投げかけてはいけません。
一方的に話をする人は、相手を全く尊重していませんし、自分は相手より優位だということを認めさせようとする気持ちが
先にたって話をしていると思われても仕方がありません。


言葉のキャッチボールを長く続けるためには、主役は相手であって、脇役があなたであるということを日頃から心がけることです。
そうすることによって、一方通行の会話になることもなく、相手も気持ちよく話をすることが出来ます。
そして、あなたはもっと相手のことを知ることが出来るわけです。
常に相手とうまく言葉のキャッチボールが出来るように色々な情報を収集しておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加