メールで相手を口説くテクニック

スポンサーリンク

メールで片思いの相手を口説き落とすためには、まず、相手がどういうタイプなのかリサーチする必要があります。
一般的に男性からのメールは短文で、用件だけを的確に伝える連絡手段として使っているタイプがほとんどです。
中には、絵文字など女性のように長々と文章を書いて、すぐに返信してくれるタイプの男性もいます。
あなたが片思いをしている相手はこのどちらのタイプなのかを知っておくといいでしょう。


もし、相手が用件だけ伝えるだけに使っている場合は、仕事やバイトが忙しいのかもしれませんね。
でも、言い換えれば、連絡手段としか使わないということは、直接じかに会って話すタイミングを作りやすくなり、恋愛に発展するのも早いかもしれません。

スポンサーリンク

また、すぐに会うよりもう少し情報をメールなどで集めてから会いたいと思う人は、1日に3通送っている場合、それを2通にして、次の日は1通などと言うように送る本数を減らして行くと相手はちょっと不安になってくるはずです。
きっとあなたのことを気にかけてくれるきっかけにもなります。
そして相手を待たせることによって、恋愛対象、異性として意識させることにもなるのです。


本数を減らしたり、決まった時間にメールを送ることが出来ないっていうのは、少し、あなたにとっても苦しいかもしれませんが、片思いの相手にあなたの存在を知ってもらうためには、そこはちょっと我慢しましょう。
その我慢が、きっと成功につながるきっかけになるはずです。
まずは、相手の情報や相手がどんなメールを好んでいるのか、しっかり掴むようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加