片思いの恋愛を成功させたいのなら

わざと恋愛相談を持ちかける

スポンサーリンク

わざと恋愛相談を持ちかけて相手の反応を見る、というのがありますが、それも相手がその本人だということを上手にほのめかす必要があります。

 

友人関係を続けていたりすると、そうしたことを本気で別の人だと勘違いして、真剣に相談に乗ってくれたり、また好きな人が他にいたんだな、と誤解されるか、もし自分のことをほのめかされていることがわかっても、わざと分からない風に装うということも考えられますね。


モテる人ですと、自分のことだと分かりながら、逆に相談者がドキドキするような回答をしてきたり、思わせぶり、またはまったくその気なし、という態度を取られることがあるので覚悟しましょう。

 

一番良いシナリオというと、相手もそれとなくその相手が自分であることが分かって、お互いを意識し始めるということです。

 

それは告白以上にテクニックがいることですが、察しのいい人、すでにいいムードになっている場合は効果的でしょう。

スポンサーリンク

しかし、この作戦はとんでもない的外れで終ってしまうリスクも含んでいます。

 

ですから、せっかく相談を持ちかけても、相手に悟られ、まったく気のない返事をされたりする可能性があります。

 

わざと恋愛相談を持ちかけるというのはかなり古典的な方法ですから、いまはあまり使わない人が多いのではないでしょうか。


大体は悟られて、それで何?という冷たい態度を取られたらどうしようもありません。

 

テレ隠しならまだいいですが、本気で興味なさそうだったらショックです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加