素直に自分の気持ちを伝えよう

スポンサーリンク

自分の気持ちを素直に表現するって難しいものですよね?
ましてやその相手が好きな人の場合、嫌われたくない、自分には興味がなくてもつい相手に合わせてしまって、自分の気持ちを素直に表現したくても出来ないはずです。
でも、それはかえって恋人になるチャンスを逃しているのです。


間違っている場合は、ちゃんとどこが間違っていると言う理由があれば、それを相手に伝えることも大事です。
そして、自分には全く興味がないことを伝えることです。
ただし、興味を持っていない場合でもわからないから、わかないだけであって、もし相手があなたにわかるように話をしてくれるようになれば、あなたも次第に興味を持つことが出来るはずです。
最初から興味がないと否定するのではなく、ここでは、「●のことよくわからないけど、もっと詳しく教えて欲しい」と言ってみましょう。
そうすれば、相手も快く思ってくれるはずですよ。

スポンサーリンク

少しずつ自分気持ちを相手に伝えるようにしましょう。
そのうちに自分の弱い部分を相手に伝えることが出来るようになります。
弱い部分を伝えることが出来れば、相手もあなたに対して心を許し、相手も素直に何でも話をしてくれるようになるはずです。


あなたが、相手に嬉しいこと、悲しいことなど感情を出すことによって、相手も一緒に喜んだり悲しんだり、あなたと同じ気持ちになれるのです。
そうして、お互いの気持ちがもっと接近して、恋愛へと発展していくものなのです。
あなたの気持ちを素直に表現することが、恋愛への近道ですよ。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加