片思いの恋愛を成功させたいのなら

年上を落とす方法

スポンサーリンク

年上の人と言っても、本当に色々な人、そして好みがありますので、一概にどうしたことが相手にとってグッとくるのかは人それぞれです。

 

付き合っているうちに相手がどういったところに弱いのかをよく観察することです。

 

そして頼られると嬉しいのか、頼らせてあげるといいのかをよく見極めましょう。


最近は、年上、年下関係という関係性はあまり関係ありません。

 

昔ながらの「年上だから包容力がある」というのは必ずしも正解ではなく、むしろ年齢が下の人のほうがしっかりしているというのはよく聞く話です。

 

ただ、どのように考えても年上の人のほうが長く生き、人生経験も豊富なのですから、相手を立てることを忘れてはいけません。

スポンサーリンク

その部分さえしっかり押さえていれば、最近はかなりの年の差でもカップルとして成り立っていますし、また男性、女性に関わらず、年の差のあるほうがそのギャップが面白い場合もありますね。

 

基本的には年上を落とすには、相手にはもうない勢いとか若さ、そしてときには甘えをだしたりすることですが、中にはそういったことを嫌がる人もいるので、必ずしも万能ではありません。


年下が自分よりもしっかりしていることに気付いて、わざと年下に頑張らせる人もいるので、年上イコール甘えることが出来る、というのは、今はあまり当てはまることはないでしょう。

 

また年上でも年下でも、気があえば特に年齢を気にせず付き合い始める人も多いです。

 

年齢ではなく、「個人」単位で相手と接していくこと、これが出来なければ、年上だろうが年下だろうが、落とすことは出来ません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加