片思いの恋愛を成功させたいのなら

付き合っているも同然の状況から告白しよう

スポンサーリンク

片想いの状態からでも、適切に、コミュニケーションをとっていき、好きな人との関係を少しずつ発展して来れたなら、きっと随分仲良くなっているはずです。
きっとなんでも言い合える仲にもなれているはずです。
そして、その過程で、自分の好意を間接的な表現で、相手に伝えることができていれば、それはもはや付き合っているも同然の状態となります。


なぜなら、自分の好意を間接的に伝えていて、相手は自分のことを好きでているくれているということを知っているにもかかわらず、仲の良い関係を維持できているということは、普通に考えれば、相手もその状態に満足しており、好きな相手も自分のことを好きでいてくれていると言って良いでしょう。

 

このように、適切に関係を発展させていければ、もはや周りから見たら、付き合っているのと同じように映るのです。
それならば、あえて告白という行為はしなくてもよいように思うかもしれません。
確かに、「つきあっている」も同然の状態なのですから、そのように思われても仕方がありません。

スポンサーリンク

しかし、ここはやはりしっかりと告白というイベントを乗り越えたほうが良いと思います。
なぜなら、告白ということをして、けじめと確認を行っておかないと、相手もほかの異性に取られてしまうかもしれません。
相手自身にも、「付き合っている」ということを認識させておかないと、浮気してしまうかもしれません。

 

中には、グレーな関係のままにしておきたいという考えの人もいるかもしれません。
しかし、のちのち、男女間の三角関係やその他もろもろのトラブルに巻き込まれたくなかったら、ちゃんと告白をして、けじめを付けておいて方が良いでしょう。


付き合っているも同然の状態から告白をすれば、ほとんど100%の確率で成功するでしょう。
たとえ、そのときは何かの事情で断られたとしても、おそらくつきあっているもの同然の状態まできているのなら、異性の友達のなかで最も中がよい存在にはなれているはずです。
異性のなかでもっとも仲の良い存在になれているのなら、それは、次の恋人の有力候補であることは間違いないのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加